Life with Style Volume two

¥ 1,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

本書を一読すると、現在この国で一般的に行われている家創りの常識に、疑問を抱かずにはいられなくなるかも知れない。それほど衝撃的な内容だ。

広島を拠点に「真の注文住宅」を手がける設計デザイン事務所ライフウィズスタイル。
同社の手がける家創りは、一般常識とはかけ離れて、時間の制約も、発想の限界も、何もない。どこまでも自由な家創りだ。

そんな自由な家創りの結果、その家ではどんな暮らしが営まれているのか。

本書では、ライフウィズスタイルと共に一生の家創りを実現した数組の施主家族の下を、スタッフ自らカメラを片手に訪れ、普段のままの家族の日常を撮影。家創りのこと、今に至る家族の心境、日々の暮らしについて等、施主家族の生の意見をインタビューする中で、真の注文住宅と共に生きる家族の実像を生き生きと描き出している。

本書を底通しているのは「暮らしを愛でること」の大切さだ。前年に刊行されたvolume oneでは、同社のコーポレートメッセージである「my dear ordinary days」の精神を、実際に手がけた家での家族の日常を通して描き出したのに続き、今回のvolume twoでは、「暮らしを愛でる」をテーマに、洋の東西を問わず人類が有する「愛でる」という本能に、より自然に向き合うべきだと訴える。暮らしを「愛でる」こと…それこそが、今の時代の真の豊かさなのかも知れない。


Contents
○my dear ordinary days
○Family grows a house House grows a family
○「暮らし」を愛でる
○Talk about Life with Style
○hair salon nomuco
○appreciate things around me
○そこに「仏像」があるから
○Ama mi tanto
○時代遅れでしょうか?
○「愛でる」を取り戻そう
○Home : how we see it with our archives
○この奇跡がつづく限り・・・


送料込みの価格となっております。